アルミの鋳物

アルミキャスト

アルミを鋳造して製作

アルミキャストとはアルミ鋳物のことで、現在では身近な生活用品から乗り物の部品など多くの場所で使われています。アルミニウムは軽量で加工性もよく、さらに耐食性もあるため、現代の生活において無くてはならない重要な金属です。さらにアルミニウムは自然界に広く分布しているため、非常に安価なのも特徴です。鍛造やプレスといった様々な方法によってアルミニウムは製品に加工されますが、アルミキャストは砂型や金型に溶かしたアルミニウムを流し込んで、製品を成型加工していきます。鋳造は古くから金属製品の製作に用いられてきた加工方法で、型に金属を注入して形を作るため同じ形状のものを繰り返し作る事が可能です。その製造方法の特徴から、高い精度を発揮するためには溶解した金属の流動性が求められるため、アルミキャストでは他の金属を混入したアルミニウム合金が原料として用いられます。合金の種類によって製品の性質も異なるため、製品の用途に合わせて選ばれます。アルミキャストの鋳型には一般的に、砂型や金型が用いられます。砂型は伝統的な鋳造方法で、砂を固めて型を作ります。鋳造後に対加工が必要とされる場合もありますが、大型の製品でも製造できるメリットがあります。また型の製作が安価であり、小ロットでの生産において効率的な製法です。一方金型は精密な加工が可能であり、金型を繰り返し使用できるため大量生産に向いています。熱処理も出来るため、強度を求められる製品にも対応しています。