内面を精密に磨く研磨法

機械

依頼は歴史のある業者へ

ホーニング加工についてホーニング加工とは円筒内面をより精密に磨くために用いられる研磨法です。円柱状の工具側面に砥石を数個取り付けてあり、回転させながら円筒の内面を精密に磨いていきます。具体例を挙げると、エンジンのシリンダー内部の仕上げなどに用いられます。内面研磨との違いホーニング加工については、円柱状の工具を円筒の穴に入れ、スプリングや油圧の力で内面に砥石を押し付け、回転させます。往復運動することで、内面を磨いて仕上げます。内面研磨については、研削機を円筒の穴に入れ回転させ研削します。ホーニング加工は、円柱の工具が太く、円筒の内面全てに触れていますが、内面研磨については、研削機が円筒内面の一部分にしか触れていないため、仕上がりに違いが出ます。ホーニング加工の方が穴の位置ずれがなく精度が高くなります。一般的な費用について企業によりホーニングも様々なものが対象となります。例えば、ホーニングパイプやスライドパイプ、アルミローラーなどです。ものにより経費は違いがありますが、シリンダーのホーニングについては、一般的に1気筒あたり、2000円程度から3500円程度が相場になります。内訳としては、錆取り程度は2000円から2500円程度、傷消しは2500円から3000円程度になります。ただし、バイクと車両でも価格が違ってきます。ホーニング加工の依頼についてホーニング加工技術については、使用している工具や作業者の経験によるところが大きいので、なるべく歴史のある業者に頼むべきです。