機械

内面を精密に磨く研磨法

ホーニング加工は、円筒の穴を精密に磨く研磨法です。磨く方法としては、内面研磨などもありますが、ホーニング加工の方がより精度が高いです。シリンダー1気筒あたりの値段は2000円から3500円程度が相場ですが、依頼業者は歴史のある業者を選定すべきです。

詳しく見る

看板は大切なツールです

街

その種類も様々です

街中などで良く見かけるものの中に看板があります。これら看板は、自社の業務や商品などを宣伝するために欠かせないものであり、それが規格看板でもあります。この規格看板があるかないかで、顧客の多さが決まると行っても過言ではないでしょう。また、規格看板には、プラスチックなど、様々な原料が使用されているのが特徴です。そのため、自分のお店にマッチした原料で作製した看板をチョイスすれば、お店の雰囲気を良くできます。そんな規格看板には、様々な種類が存在しています。最初は定番である、スタンド看板です。これは自分のお店のことを、多くの人たちに知ってもらうために設置する看板です。その規格看板に書かれたメニューなどを見て、入店を決めるという人も多いことから、数ある規格看板の中でも最も重要だと言えます。そのようなメイン看板だからこそ、よりこだわりのうるものを選びたいものです。様々な製品がありますが、スタンド看板としてオススメはキャスター付きのものです。キャスターがあれば移動が簡単にでき、とても便利です。また、遠くから自分のお店をアピールしたい方は、大型の規格看板がオススメです。大型タイプはどのような大きさにも対応できますので、様々な利用方法が考えられます。その他、集合住宅など、色々なことを告知するために設置する、掲示板型の規格看板もあります。掲示板タイプには開閉が可能など、様々なタイプが揃っています。このように、規格看板には多くの種類がありますので、それぞれの利用用途に応じて選択してください。

オススメ記事

機械

内面を精密に磨く研磨法

ホーニング加工は、円筒の穴を精密に磨く研磨法です。磨く方法としては、内面研磨などもありますが、ホーニング加工の方がより精度が高いです。シリンダー1気筒あたりの値段は2000円から3500円程度が相場ですが、依頼業者は歴史のある業者を選定すべきです。

詳しく見る

アルミキャスト

アルミの鋳物

アルミキャストはアルミの鋳物の事で、アルミニウムを高温で溶かして砂型や金型に流し込み、成型します。成型の際に特別な加工を必要としないので、同じ形状のものを短時間でたくさん作る事が出来、コストも低く抑えることが可能です。

詳しく見る

作業員

発注先選びの基本

個別の金属加工会社の得意分野や技術力を調べるのが、金沢市内で試作品などの下請け先を探す場合のポイントです。熟練スタッフが活躍する業者や、自動車や航空宇宙産業向けの納入実績がある業者に注目するのが、良い発注先を見つける近道です。

詳しく見る

機械

内面を精密に磨く研磨法

ホーニング加工は、円筒の穴を精密に磨く研磨法です。磨く方法としては、内面研磨などもありますが、ホーニング加工の方がより精度が高いです。シリンダー1気筒あたりの値段は2000円から3500円程度が相場ですが、依頼業者は歴史のある業者を選定すべきです。

詳しく見る

アルミキャスト

アルミの鋳物

アルミキャストはアルミの鋳物の事で、アルミニウムを高温で溶かして砂型や金型に流し込み、成型します。成型の際に特別な加工を必要としないので、同じ形状のものを短時間でたくさん作る事が出来、コストも低く抑えることが可能です。

詳しく見る

作業員

発注先選びの基本

個別の金属加工会社の得意分野や技術力を調べるのが、金沢市内で試作品などの下請け先を探す場合のポイントです。熟練スタッフが活躍する業者や、自動車や航空宇宙産業向けの納入実績がある業者に注目するのが、良い発注先を見つける近道です。

詳しく見る

看板

安全管理に注意を

規格看板には様々な種類があり、目的や立地に合わせて選ぶ必要があります。人通りが多い街中では小型のものが向いているなど向き不向きがあるためです。どのようなものでも、安全管理に注意して選ぶ必要があります。

詳しく見る

作業員

内面研削の加工技術

エンジンのシリンダーやチューブなどの内径の精密仕上げによく使われる技術として、ホーニング加工が挙げられます。円柱状の治具に取り付けられた複数個の砥石が回転・往復運動をすることで、内面が研削される技術です。ホーニングを行うと加工面に微細な網状の筋がついて潤滑油が保持されるため、摩擦抵抗が低くなります。

詳しく見る